水漏れ修理に関する保険について

最近は火災保険に注目が集まることが多いですが、それは台風など自然災害が頻発しているからです。その延長線上に「生活上のトラブルにも火災保険が使える」とアピールする修理会社がいます。確かに、その営業トークは間違いではありませんが、完璧というわけでもありません。正確には「火災保険を使えるケースと使えないケースがある」が正しい説明です。

水漏れが起きる場合、その理由が突発的な原因であるなら保険の対象になるはずです。このときに重要なことは「突発的、偶然」という点です。なぜなら、保険というサービスは「突発的で偶然な事故に対する支払い」ということで保険料が設定されているからです。仮に、どんなことに対しても保険金を支払っていたなら保険会社は倒産してしまうでしょう。

基本的に水漏れの原因はナットの緩みか、パッキンという部品の劣化です。そして、この両方とも保険の補償範囲ではありません。先ほど説明しました「突発的、偶然」に当てはまらないからです。もし、修理業者が「保険で直せますよ」とアドバイスするようなそのような修理業者は避ける方が無難です。

あとからトラブルに巻き込まれる可能性があります。水漏れを保険という点で考えるなら、修理に対する保険というよりも賠償に対する保険を思い出すべきです。例えば、集合住宅に住んでいますと、水漏れが隣人に被害を与えることがあります。2階に住んでいる場合は、階下の人に水漏れが被害を及ぼすケースは多々あります。

そのときに賠償保険が使えます。もし、階下の人の衣服や電気製品、パソコンなどに被害を与えてしまったなら賠償額は半端ではないはずです。そのようなときに役に立つ保険です。