ケースごとに異なる水漏れの修理

同じような症状に見える水漏れでも、ケースごとで原因や修理方法が異なります。排水管から漏れている時には、ある程度の年数が経過している場合には経年劣化により中が腐食していないかを確かめるのが先決です。新しくても何らかの原因によりヒビが入ることもありますし、詰まりが原因で水漏れが発生することもあります。ヒビは部品の交換をしなければ直りませんが、詰まりは薬剤等で解消すればすぐにストップすることもあるので試してみましょう。

キッチンでも洗面台でも日々のゴミが入り込むことはありますので、それが蓄積されると水漏れするかもしれません。蛇口で多いのは、パッキンの劣化です。パッキンは購入して付け替えることができますが、金属部分の緩みはパーツの交換では修理できません。その場合はナットで締め直して隙間が無くなるように調節し、様子を見ます。

古い水道になると、金属部分にも劣化によって緩みが生じたり隙間が大きくなるため、大掛かりなパーツの交換が必要になる可能性もあります。排水管から水漏れが起きている場合には、水を使用すると被害が大きくなりますので流さないようにすることが重要であり、破損している部分の修理だけでは足りずに排水管自体を交換するのが一般的です。蛇口から水が出ている時には比較鉄器修理をしやすいのですが、部品の破損具合が酷い時には業者への依頼が必要です。分解した後は元に戻さなければなりませんので、メモをする等して記録を残しましょう。