手軽にオフィスコーヒーを楽しもう
2021年1月3日

カプセルコーヒーを作るマシンの選び方

カプセルを本体にセットするだけで本格的なコーヒーが楽しめるカプセルコーヒーはたくさんの種類があります。たくさんのメーカーのものがあり、同じメーカーでも違うブランドのものがあります。それぞれ比較して自分に合ったものを見つけることが大切です。マシンを購入する時に具体的に見る点は、カプセル、コスト、タンクの容量です。

カプセルには互換性がなく、同一のメーカーのものしか使えません。それぞれ特色があり、本格的なコーヒー、エスプレッソを作るもの、ミルクタンクが付いていてカプチーノやラテが作れるもの、紅茶や緑茶も作れるものなどがあります。飲みたいものが作れるカプセルに合ったマシンを購入することが必要です。カプセル代がいくらかかるかも考慮します。

一杯のコーヒーを作るカプセル1個のコストは58円~116円程度の差があります。まず自分がどんなものを飲みたいかを基準にして、コストを考慮してマシンを選別します。タンクの容量は一度にどれくらいの人が飲むかで決まります。通常マシンのタンク容量は5~6杯程度のコーヒーが作れるサイズです。

家族だけで楽しむ場合はこれで充分ですが、職場やオフィスなどのたくさんの人が飲む場所では大容量のものが必要です。マシンによっては別売りのタンクが装着できるものもあります。カプセルコーヒーをどのくらいの人が利用するかで選択します。カプセルコーヒーを作るマシンにはさまざまな特色を備えたものがたくさんあります。

係るコストを調べ、どんな飲み物をどのくらいの人で楽しむかでマシンを選別します。オフィスコーヒーのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *