手軽にオフィスコーヒーを楽しもう
2020年12月21日

オフィスコーヒーの導入とメリット

仕事中に一息入れたいというときに、カフェインが含有されているため目覚ましや気付けとしても非常に役に立つ飲み物としてコーヒーがあります。一方で、コーヒーを仕事場などに持っていく場合はお店や自動販売機で購入することになりますが、お金がかかることはもちろんのこと、寒い季節では中身が冷めてしまって美味しく飲むことができません。そのなかで昨今注目されているのがオフィスコーヒーの習慣で、わざわざ毎日購入する手間や、自宅から持っていく際の水筒の手入れなどをしなくても暖かい出来立てのコーヒーが飲めるということで導入している会社が増えています。そのオフィスコーヒーにも種類があり、一般抽出型、複数人型、そして自動販売機型の3種類が主に導入されています。

なかでも金額的に安価で便利な複数人型が多いとされており、一度の抽出で複数人分のコーヒーを抽出することができるため、基本一人分の一般抽出型よりも効率が良いというメリットがあります。オフィスコーヒーのそれぞれの種類は導入する会社の規模によって異なりますが、メリットは共通しています。まず、仕事の合間に外へ買い出ししに行く手間が省けるという点があり、特に暑い季節や寒い季節のときには外に出ることで室内との温度差によって体調にも影響が出る可能性もあるため、オフィスコーヒーはそういった点でも手軽と言えるでしょう。さらに、業者が無料で定期的メンテナンスをしてくれるメーカーもあるため、機器の維持が楽ということでも導入のメリットはあるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *