手軽にオフィスコーヒーを楽しもう
2020年12月9日

コーヒーメーカーを比較しました

コーヒーメーカーにも様々な種類があります。豆をミルして、そのままコーヒーを作るものと、ミルの機能はついていなくて、コーヒーだけを入れるものもあります。コーヒーメーカーを比較した場合、私のおすすめはダイニチ工業のカフェプロです。この機械はコーヒー豆をミルするものから、コーヒー豆を焙煎するだけのものまであります。

この機械の一番の利点は焙煎時に煙がでないことです。従来の、焙煎器はガスコンロなどの火で、コーヒー豆をあぶっていたのですが、このカフェプロは、電気の力で、コーヒー豆を焙煎するので、煙がでません。また昨今はコンビニでもコーヒーメーカーがたくさん使用されるようになってきました。コンビニ間のコーヒーメーカーを比較した場合、一番香のよい、ものはサークルKのものです。

サークルKはコンビニコーヒーの先駆け的存在なので、マシンも非常に優れたものを使用しています。サークルKの次に、お勧めしたいコーヒーメーカーはファミリーマートのものです。ファミリーマートはコーヒーを一杯100円で飲むことができます。そして味も抜群に良いです。

ファミリーマートの機械はコーヒー豆をミルするタイプのものですが、その場でミルしてくれるので、香がとても良いです。次に位置するのがセブンイレブンの機械です。この機械も豆をミルするタイプのものですが、他のコンビニより遅れてコンビニコーヒーを始めたので、若干味が劣ります。しかし、その分、コーヒー以外のドーナツなどの商品はとても充実しています。

全てのコンビニを比較した場合、やはり、一番のおすすめはサークルKでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *