手軽にオフィスコーヒーを楽しもう
2020年8月18日

フレーバーコーヒーの魅力

フレーバーコーヒーは、その名の通りコーヒーに香りを付けたものです。

欧米ではナッツ類やチョコレート類・スパイス類・フルーツ類など50種類以上のフレーバーコーヒーがあります。しかし、日本ではフレーバーコーヒーそのものの知名度は低いままです。コーヒーに香りがあることに抵抗がある方が多いようですが、香りがあることで楽しめる飲み方もあるのです。ドリップ式で淹れるのでしたら、中挽きが最適です。

1杯分140ccとしたとき、10gから12gのコーヒー豆を使いますがフレーバーコーヒーの場合は少なめにして淹れると良いでしょう。ドリップ式では蒸らし時間やお湯を落とすスピードでまったく違った味になりますので、自分好みの淹れ方を見つけてみてください。コーヒーメーカーでしたら、常に一定の淹れ方が出来ます。豆はドリップ式と同様に少なめにし、家庭用・業務用で違いがでますが500ccの水に対して20gの豆を入れてください。

飲み方のおすすめは、砂糖を入れずにミルクをたっぷり注いだカフェラテです。お店で飲むカフェラテのように、ココアなどをトッピングしてみるのも味に幅が出て美味しいでしょう。エスプレッソマシーンがあったら、フレーバーカフェラテにしてホットやアイスで楽しんでください。冷やしたチョコレートのフレーバーコーヒーをバニラアイスにかけて頂くと、贅沢なデザートに変身します。また飲み終わったコーヒー糟を玄関などに置くと、良い香が漂ってくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *