手軽にオフィスコーヒーを楽しもう
2020年8月12日

人気の香り付きコーヒー フレーバーコーヒー

フレーバーコーヒーとはいろいろな香りの楽しめるコーヒーの事です。

キャラメルやバニラなど甘いフレーバーのものや、ハーブやかんきつ系のフレーバーなどさまざまな種類があります。甘いフレーバーコーヒーの良さは、甘い香りがコーヒーの香ばしさと相まって、お砂糖を使わなくても甘く感じてブラックで飲みやすい点です。会社などでコーヒーを日常的に何杯も飲む人が気になるのが糖分です。飲み物にお砂糖を入れてしまうとどうしても糖分を取り過ぎてしまいますが、コーヒーには入れる人が多いです。

甘い香りで苦みの少ないフレーバーコーヒーであればお砂糖なしでも飲みやすいので嬉しい工夫です。フレーバーを付けるコーヒー豆はもともとの香りがきつくなく、酸味や苦みの少ない品種が選ばれることが多いため、フレーバーとコーヒーの香りがちょうどよく混じり合うことができていますし、味が香りを邪魔する事もありません。

それがフレーバーコーヒーがコーヒー通にも受け入れられ人気を得ている秘密です。また、ハーブやかんきつ系のフレーバーはしゃきっと目が覚めるコーヒーそのものよりも、リラックス効果が高いと評判です。コーヒーはどちらかというと、元気をもらいたい、しゃんとしたい時に飲む飲み物です。ほっとしたい、癒されたい時に飲むのは紅茶や甘い飲み物が選ばれがちです。それを変えたのがフレーバーコーヒーで、ほっとしたいときにもコーヒーを選んでもらえるようになりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *