ヨガは基本的に動きやすければ、どのような服装でも良いのです。

しかし意外に大きく動くポーズがあるため、一般的な動きやすい服装ではカバーしきれない部分があります。たとえば通常のブラジャーでは捻るとずれてしまったり、Tシャツも捲れてお腹が見えたり、前屈すると胸元が丸見えになることがあります。実際に動いてみないと分からないのが、ヨガウェア選びの難しいところです。深い呼吸を繰り返すヨガの服装は、まず着心地の良さが重要になるのです。

トップスの場合はサイズが小さすぎたり、締めつけが強いと呼吸がしづらくなります。また素材の質感にゴワつきがあったりチクチクすると、ヨガに集中できなくなるので肌触りの良さも求められます。ヨガウェアのトップスは、カップ付きのTシャツやタンクトップ、ゆとりがあるキャミソールがおすすめです。Tシャツは下にゴム付きのタイプなら、捲れる心配もないのです。ブラを着用する場合には、ずれにくいスポーツブラが良いでしょう。ヨガは英雄のポーズのように、足を大きく開くポーズが多いのです。

ヨガウェアのボトムスは、快適にストレスなく足が開けることが大切です。下半身にぴったりフィットする伸縮性がある素材のレギンスなら、ポーズがとりやすく快適です。ぴっちりしたラインが恥かしい方はホットパンツやスカートの重ね履きをすれば、組み合わせ次第でお洒落の幅も広がります。締め付けが嫌いな方には、お尻と太腿がカバーできるサムエルパンツがおすすめです。ボトムスを選ぶときは、屈んだときにずり落ちないかショーツが透けないかの色も確認しておきましょう。ショーツはお尻のラインに響かないシームレスやTバッグが人気、カラーは汗をかいても透けない肌なじみが良い薄い色なら安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *