インド発祥のヨガは瞑想・呼吸・体のストレッチを行うことで心と体の繋がりをより親密にする健康法です。

その効果が徐々に広まり、今では様々な流派や新しい方法を取り入れたヨガが生まれ、世界中で行われています。ヨガのスタイルによって、ヨガウェアもふさわしいものを選ばなければなりません。

全般に言えることはヨガは柔軟性を高めるとても大きな動きが特徴なので、その動きを妨げないストレッチ性の効いた素材が望ましいということです。また、ヨガはゆっくりした動きと呼吸法を行うことで心身をリラックスさせる目的がありますので体が締め付けられるような素材や小さいサイズのものは絶対に避けたいところ。

ヨガの強度によっても選ぶヨガウェアは変わります。有酸素運動を取り入れてカロリーを大きく燃焼させるハードヨガは激しい動きを妨げないシンプルで動きやすい素材やデザインが向いており、大量の汗をかくので吸水・速乾で汗の目立たない素材や色柄が望ましいです。

またねじる動きなどでブラジャーがずれる事も考えられますので、ウェアとカップが一体型のものを選ぶと安心です。ゆっくりした動きのヨガは、柔軟性やリラックスしたい方にお勧めですが、動きの間に体が冷える事も考えられますので、あまり薄着すぎない格好で、レッグウォーマーなど脱ぎ着や体温調節に便利なアイテムを利用するのもお勧めです。

水中ヨガやサーフボードの上で行うSUPヨガは、濡れることを前提で選ばないといけません。水着のような濡れても動きを制限されない素材のヨガウェアを選ぶと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *